我が家のトイトレ事情〜親の心構え編〜
0

    こんにちは、編集Sです。

     

    3回に渡ってお届けしてきましたトイトレのお話ですが、今回が最終回です。

    最後は、トイトレに関する親の心構えについて、あくまでも私の個人的な見解ですがお伝えしようと思います。

     

     

    下の子がトイトレを始めた時に先生に言われた言葉です。

     

    「失敗しても決して怒らないでください」

     

    私は、正直それは無理だ、と思いました。

     

    だって、ただでさえ忙しい毎日なのに、トイレの床や廊下がぬれて、パンツもズボンも汚れて、もしかしたら簡単に洗えないリビングのラグもぬれる可能性も……と考えると、頭では怒っちゃダメだと思っていても、「もう!」の一言くらいは確実に出てしまうな、という思いがありました。

    (私が短気な性格なのもあります)

     

    なので、子どものトイトレに怒らずじっくり取り組む余裕がないときは、親側の精神面も考慮してまだトイトレを始めなくても大丈夫だと思います。

     

    怒られながらのトイトレだと、子どももイヤになってしまうし、親も自己嫌悪に陥るし悪循環です。

     

    下の子は正直園で半強制的に始まっちゃいましたが、上の子の場合はそんな理由でかなりダラダラやってしまった時期があります。

     

    私自身のちょっとズボラな性格もありますが、でも、このおかげでトイトレに関して怒ったりしたことはほぼなく、ぬれたパンツを洗うことも床を掃除することも数えるくらいしか経験しなくて済みました。

     

     

    トイトレは、子どものやる気と親の心の余裕があってこそできるものです。

    必ずオムツは外れるので、あせる必要は全くありません!!

    オムツ生活が長引くと、オムツ代がかさむのが難点ですが(笑)

     

    もちろん、お子さんがパンツにしたい!と自分で頑張る意欲を見せている時は、親の都合でオムツにはせずに是非パンツにチャレンジさせてあげてくださいね。

     

     

    みなさんのトイトレ親も子も楽しく進みますように!

     

     

     

     

    | Pocket編集部 | 編集S子育て日記 | 15:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://pocketblog.jugem.jp/trackback/508