寝かしつけにはおばけが必須!?
0
    こんにちは!編集Sです。


    みなさんのお子さんの就寝時間は何時ごろですか?

    私の周りでは、20時には寝ちゃうよ〜!という方や、22時すぎても寝ないの・・・という方などさまざまです。
    ちなみに私の家では、基本は21時までにお布団に入る、というスタンスです。

    日中たくさん遊んで疲れているときは20時半前くらいに寝てしまうときもありますし、夕方にうっかりお昼寝(もはや昼ではないけれど)してしまったときなんかは21時半過ぎちゃうときもあります。

    5歳の上の子は、わりと小さいときから21時くらいには寝るものなんだと理解しているので(しかも1.2歳台は19時半とかに寝ていた)、寝る前に絵本を読んで、「もう寝る時間だよ」というとそのまま寝ていきます。
    (この寝る前の絵本が、1冊ではなく何冊にも及ぶ日も多々ありますが・・・)


    問題は3歳の下の子。赤ちゃん時代からあまり寝ない子で、今も電気を消してみんなでお布団に入ると、一応寝るそぶりは見せますが何かしらしゃべっていたり1人で真っ暗な部屋を徘徊したり、なかなかすんなりとは寝ません。

    そこで、最近いつも使う手が、「おばけがくるよ・・・」です。

    いつからかわからないのですが、下の子はやけにおばけを怖がります。
    特におばけで怖い経験をしたこともないような気もするのですが、言う事を聞かない時(お風呂から出る時間なのにいつまでも遊びたがって出ないとか)、「そういうことしてると後ろからおばけが〜!あ!そこの窓から〜!!」などというと即言うことを聞きます。

    実は、こういうのって「脅し育児」といって、本当はあまりよくないことらしいんですよね。
    おばけがくるからダメ・やめようねではなく、なぜそうしたらいけないのかをきちんと教えることが大事なんだとか。

    もちろんわかってはいるのですが、イヤイヤ期真っ最中の3歳児にきちんと話すのは時に限界なこともあるのです・・・
    | Pocket編集部 | 編集S子育て日記 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://pocketblog.jugem.jp/trackback/494