家族で丸子稲荷の夏祭りに行ってきました
0

    こんにちは、制作部Sです。

     

    盆休み前の慌ただしさでブログを更新する時間がとれず
    ちょっと前の話になってしまいますが

     

    先日、丸子稲荷の夏祭りに家族で出かけてきました。

     

     

    小学2年の娘っ子が保育園に通っていた頃からなので、

    もうずいぶん前から、このお祭りには楽しませてもらっています。

     

    このお祭りの楽しさはいろいろある中で
    やはり「流しそうめん」が体験できるということを

    外すことはできません。

     

     

     

    今年も青竹を割って作られた流しそうめん台には
    お祭りに訪れたたくさんの人を満足させるに
    じゅうぶんな量のそうめんが流され

     

    わが家のチビッコも「とれた!」と
    そうめんを箸ですくった姿を見せながら
    楽しそうに食べていました。

     

    そして今年もこども園年中組のわが家のチビッコも

    参加したステージでの踊りを眺め、
    比較的リーズナブルな屋台で
    何かと購入しながら
    楽しい時間を過ごしました。

     

     

     

     

    私がこのお祭りで一番うれしいのは、
    チビッコも娘っ子もお友達に会えることです。

     

    娘っ子に関しては
    保育園卒園後、現在暮らしている地域に引越したため
    年に数回しか保育園時代のお友達には会いません。

     

    みんな小学校での生活がスタートして
    それぞれが全く違う学校生活の中でお友達ができて
    付き合い方などの優先順位に変化が出てくると
    久しぶりな保育園でのお友達とは
    ぎこちなくなってしまうようなイメージが
    私にはあります。

     

    しかし、実際には私の考えていたこととは全く違い
    久しぶりに会うお友達と昨日も会ったかのように
    会話で盛り上がり、会場を走り回ったり

    楽しい時間を過ごしているようで、

     

    そんな姿を見ていると
    この時間を少しでも長く楽しませてあげたいなぁという

    気持ちになりました。

     

    そして、そんな友達との繋がりを築く環境となっている

    保育園にとても感謝したい気持ちになりました。

     

    私自身は小・中学校の頃に遊んでいたほとんどの友人とは

    卒業後も連絡を取り合う関係にはなれませんでしたが、

     

    チビッコたちには一人でも多く
    末永く付き合える友達関係を築いてもらいたいなぁと
    お祭りでのチビッコたちの姿をみて思いました。

    | Pocket編集部 | - | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://pocketblog.jugem.jp/trackback/474