木材屋さんでよいものを見つけました
0

    こんにちは、制作部Sです。

     

    私は以前からチビッコに「木で工作」を
    やらせてみたいなぁと思っていました。

     

    というのも自分が幼稚園児の頃
    実家のお風呂の湯は薪で沸かしていたため
    家の倉庫には、もらってきた木の廃材が積んであり
    私はそれをカッターで削ったり

    釘で打ちつなげたりして何かを作って遊んでいました。

     

    そのせいか、自分で言うのも何ですが
    周りの人と比べて手先は器用な気がします。

     

    そんなこと考えながら
    先日キャンプで使う薪の調達がきっかけで
    ちょっと楽しそうなものを見つけてきました。

     

    木の小さな角材なのですが、
    多分家具か何かを作るための木材の端っこでしょうか
    木の角は丸く削られ表面はツルツルに化粧されています。

     

     

    大きさは、森永ハイチュー1個くらいや
    monoの消しゴムの大きいサイズくらいなど様々です。

     

    コンビニでおにぎりとお茶を買うと入れてくれる袋(中くらいの袋)に
    1杯の量で100円(画像は200円分)でした。

     

    チビッコはそれを木工用ボンドでくっつけて
    オブジェを作りました(フクロウの上に鳩が乗ってるらしい)。

     

     

    何かを作るのはもちろん、色を塗ったり積み上げたり
    想像力をふくらませれば何かと楽しめそうです。

     

    カプラ(KAPLA)はちょっと手が出せなくても
    これを使って似たような遊びもできそうです。

     

    私が購入したのは、
    ジャンボエンチョー下川原店近くの材木屋さんです。

     

    買う際に店主が「おっ、いいところ持ってくねぇ」と
    言いまして、それを聞いて思ったことは
    多分この袋の中身を作るのではなく
    あくまでも木の余分な部分を袋に詰めただけなので

     

    例えば角が削られているものばかりではない、
    表面が化粧されていないものなど
    袋の内容は個々に違うのだと思います。

     

    私と同じように「何かを作らせたいなぁ」と
    考えているお父さんいましたら
    近くにある小売りもしている材木屋さんを
    のぞいてみてはいかがでしょうか。

     

    何か安くて楽しそうなものが売っているかもしれませんよ。

    | Pocket編集部 | - | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://pocketblog.jugem.jp/trackback/472