家族で宇津ノ谷峠を散歩しました
0
    こんにちは、制作部Sです。

    昨日は寒かったですね。

    そんな中、家族で宇津ノ谷峠の
    「明治トンネル」まで散歩に出かけました。

    我が家では最近「家族散歩」がブームだからです。

    しかしながら冗談抜きに寒くて
    「今日はやめておくべきだった」と正直思いました。
    お昼頃でもまだ水たまりが凍っていました。

    それでも家族みんなで手をつなぎながら
    ふざけたり、途中立ち止まったりして、
    のんびり「明治トンネル」を目指して進みました。

    トンネル近くまで続く道の両サイドには雰囲気のある建物が建っていて、
    その建物が食べ物屋さんだったり、
    雑貨屋さんだったりというわけではないのですが
    普段とはちょっと違う風景の中を歩くのは楽しいです。


    さて、古い町並みの中のゆるい坂道を
    しばらく登っていくと民家から薮の風景に変わり、
    そしてちょっとしたカーブを曲がると
    「明治トンネル」が見えてきます。

    「明治トンネル」の感想は
    「1人では怖くて歩いて通れない」です。
    (これは恐がりの私の感想です)



    まず山の中にあるということや
    トンネルの造り、そして、天井に備え付けられたランプなど
    「私は明治トンネルです!」という感じがとてもしました。

    そして、ただでさえ寒いのに、
    トンネルの中は常に日陰の中冷たい風が抜けて
    より一層寒さを感じました。

    道の駅に車をとめて、
    散歩しながら明治トンネルをくぐって戻って
    約1時間30分の散歩でした。

    今回の感想は、「もっと暖かい日に来るべきだった」と
    それに尽きます。

    本来楽しめるはずの場所でも体への負担が大きいと
    「楽しみたい!」という感覚が鈍ります。
    私は「散歩は暖かい日に」を今後の教訓としたいと思います。


    皆さんも家族で「散歩」いかがでしょうか?

    単純に散歩するだけなんですが、知らない土地を散歩することは
    新しい発見があったり、しぜんと家族で会話も弾むし、
    それにお金もかからないので私は最近とても気に入っています。
    | Pocket編集部 | 日々のできごと | 13:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    チビッ子と島田の「島田市こども館」に行ってきました
    0
      こんにちは、制作部です。

      うちのチビッ子が去年の暮れから
      「島田のこども館に連れてって」と何度も私に要求してまして、
      そんなわけで先日久しぶりに島田市こども館に行ってきました。

      今年は暖冬だとはいってもやっぱり「冬」
      「夏は暑さを避けて室内施設」「冬は寒さを避けて室内施設」と
      みなさん思うのか分かりませんが、こども館は大人気!

      私が行こうとしていた時間帯は
      既に受付終了となっていまして次の時間帯の利用となりました。

      皆さんもし島田市こども館に出かけるのであれば
      早めの行動をおすすめします。


      さて、うちの娘っ子の一番のお目当ては
      「クライミングウォール」でした。

      しかし、娘っ子も日々成長しています。
      今までは難しかった「クライミングウォール」も
      サラサラと難なくゴールに到達しまして
      何だか拍子抜けしているようでした。

      成長することで、当然
      「難しい」が「簡単」になってしまうものですが
      そのかわりに今までは興味がなかった遊び場で
      自分なりの楽しい遊び方を考えながら楽しんでいるようでした。



      そして、その遊びの「輪」の中に親が入ることは
      2人のチビッ子にとって楽しさの幅が広がるようでして
      私も巻き込みながらずっと大騒ぎして楽しんでいました。

      話はそれますが、
      今回下のチビッコから出た一言に驚きました。

      砂場が好きな下のチビッ子がやはり、
      施設の砂場でも遊びだしたのですが、
      私は正直チビッコ2人が違う遊び場で遊ぶことになるので
      「砂場は勘弁」と思いまして、
      その気持ちを下のチビッ子に伝えていました。

      そしたら、いつもよりかなり早く砂場遊びをやめて
      私に「今日は短くしてやった」と言ってきました。

      3歳のチビッ子が場の空気を読んでいたのです。
      驚いたのと同時に怖くなりました。

      もうすぐ小学生の娘ッ子もまだまだ「島田市こども館」
      を楽しめるようです。なので今年もここにはお世話になります。

      皆さんも利用してみてはいかがでしょうか。
      | Pocket編集部 | 日々のできごと | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      先日、某ファミレス2で飲んでみました
      0
        こんにちは、制作部Sです。

        以前ブログに書き込んだ某ファミレスを
        好んで利用していたのですが、
        先日我が家が引越してしまい遠くなったので
        「これからどうしようかなぁ・・・」
        なんて軽く考えていたのですが、

        飲み友達のいとこから夜中に
        「某ファミレス2」(始めに「ガ」のつく)に
        飲みに行こうと誘いを受けまして行ってきました。

        結論から言いますと、こちらもいい感じでした。

        「我が家のような居心地の良さ」という点では
        個人的にはやはり「某ファミレス1(サ)」なのですが、

        「飲みメニュー」の充実度では「某ファミレス2(ガ)」
        の方が楽しめます。
        (補足)とはいってもそこはファミレスなので
        居酒屋ほどメニューは充実していません。

        2人で合わせて、ビール2杯とグラスワイン3杯、
        そして、つまみを適当に5皿ほど頼んで
        3,000円ほどでした。(1人1,500円)

        ファミレスでの飲みのうれしいところは
        飲み過ぎることがないので
        次の日が仕事でも大丈夫なところです。
        あとお酒1杯の値段も居酒屋で飲むのよりも
        安い気がします。(ちなみにグラスワインは1杯約100円)

        やはりクオリティの部分で、
        いろいろ思う方もいるかと思いますが
        私は個人的にファミレスの味は好きですし、
        「お友達と飲む時は飲みたいのではなく話をしたい」
        のだと私は思いまして、その点で「某ファミレス2」も
        なかなか過ごしやすくいい感じです。

        次回は「某ファミレス3」(始めに「ジョ」がつく)に
        行ってみようかなと思っています。

        仕事から帰ってきて、家で家族と晩酌がやはり理想ですが、
        みんなが寝静まった後帰宅のお父さん、
        帰りにちょっと寄り道して軽く一杯の場所に
        いかがでしょう。

        こちらのファミレスも悪くないですよ。

        | Pocket編集部 | 日々のできごと | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        チビッ子たちと富士花鳥園に行ってきました
        0
          こんにちは、制作部Sです。

          ちょっと前の話になってしまいますが、
          以前より気になっていた「富士花鳥園」に
          行ってきました。

          「掛川花鳥園」にはチビッコ達と
          よく出かけておりまして、
          どんな違いがあるのか以前から気になっていました。
          そんな興味もあり、あえて「富士」に行ってみました。

          行ってみての率直なイメージは、
          掛川花鳥園の規模を小さくしたような感じでした。

          例えば放し飼いのインコや水辺に住む鳥に
          ごはんをあげたりできる場所は「掛川」と同様に
          ありまして、その規模が小さい感じです。
          売店の作りやお花の展示など
          施設の雰囲気は「掛川」も「富士」も似ています。

          富士にはあって、掛川にはないコーナーとして
          ウサギにごはんをあげられる場所がありました。

          そして、「掛川」「富士」ともにエミュー牧場と池がありまして、
          「富士」の方は周りが木々に囲まれていて雰囲気がありました。
          個人的には外の池とエミューは「富士」が好きですね。

          そして、池であげられる「鳥のごはん」の量が
          「富士」の方が「掛川」に比べてかなり多くうれしかったです。

          もし私が「掛川と富士どちらに行くべきか」と問われたら
          「掛川に近い人は掛川に行けばいいし、
          富士に近ければ富士に行けばいいと思うけれど、
          たっぷりじっくり楽しみたければ掛川かな」と多分答えると思います。

          というのも、規模が小さいということもあるかと思うのですが、
          「富士」の方は午後になると鳥達の体調管理のためか、
          ごはんをあげられなくなる場合があるみたいです。
          (私が行った時もそうなりました)
          なので、「富士」に出かけるのであれば
          「できるだけ早めに行くべき」と付け加えたいです。

          そして、この時期だと、富士の方は厚めの服装が必要になると思います。
          施設内は暖房が効いていましたが、外は富士山のふもとなので寒いです。

          また、「富士」の方は「目的地富士花鳥園だけ」ではなく、
          その周辺、国道139号線には「もちや」や「まかいの牧場」など
          チビッ子の楽しめる施設がいろいろあるので
          そういった場所と合わせるとよりいっそう楽しい休日になりそうです。

          夏には「日射しを避けて室内へ」でしたが、
          冬になれば「寒さを避けて室内へ」と思いたくなる
          そんな季節になってしまいました。

          しかし、冬にしか体験できない遊びや施設もあります。
          冬の寒さに負けずに様々なことをチビッ子たちに
          体験させてあげたいです。
          | Pocket編集部 | 日々のできごと | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          チビっ子たちとディスカバリーパーク焼津に行ってきました
          0
            こんにちは、制作部Sです。

            先日うちの娘っ子が、保育園のお友達に
            「ディスカバリーパーク焼津」に行こうと
            誘いをかけまして、それが成立したらしく、
            うち家族とお友達家族で出かけました。

            「ディスカバリーパーク焼津」
            自分にとってはかなり久しい響きです。

            結婚する前にうちの奥さんと
            プラネタリウムを見に、そして足ツボを刺激しに出かけたような
            そんな記憶が近視の私の目のように遠く霞むほど久しぶりです。

            さて久々のディスカバリーですが、
            出かける前には正直乗り気ではありませんでした。

            乗り気ではない理由に
            メインのプラネタリウムで
            仕事の疲れと絶妙なイスの角度により寝てしまうことが
            ほぼ確実だと分かっていたからです。

            しかし、出かけてみたらとても楽しかったです。

            私が楽しめたのは、申し訳ないのですが、
            メインのプラネタリウムではなく、
            1Fの奥で開催していた科学に関する体験型の展示でした。

            展示してあるものは
            特に大掛かりでハイテクなものではないのですが、
            各展示物にある説明をしっかり読みながら体験していくと
            「うわっ、すごい!」「ほーっ!不思議!」「へー」
            とチビッ子たちと体験しながらひとりで
            つぶやいてしまう展示物がいろいろでした。

            展示物のレベルが理解しやすいレベルだからこそ
            私のように「科学」に対する知識や興味のない人でも楽しめるのかなと、
            むしろ「超科学」ではないその展示物の身近なレベルが楽しかったです。

            そんな展示を楽しんだ後にプラネタリウムを見に行きました。

            「確実!」といっていたことは
            見たものが「子供向け」だったこともあり
            やはり結果として自分にとって確実だったのですが、
            うちの娘っ子はプラネタリウムが楽しかったらしく
            「来週もプラネタリウムを見に行きたい」と言ってました。

            そんな感じの私でしたが、
            遅い時間に上映される世界最強の電波望遠鏡「ALMA」関連のものは
            とても興味があり見てみたいと感じました。

            今回ディスカバリーパークに行ってみて、
            毎度のことですが、子供が楽しむことが最大の目的でして、
            その点でいい施設だなと感じました。

            場所も近いしチビッ子からの
            「ディスカバリーパーク行こう」のリクエストが入ったら
            また行きたいと思います。

            皆さんもいかがでしょうか。

            | Pocket編集部 | 日々のできごと | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            最近お気に入りの「某ファミレス」について
            0
              こんにちは、制作部Sです。

              ポッケのブログにちょっと似合わない内容ですが、

              私は数ヶ月前から金曜日の仕事が終わった後に
              必ずといってもいいほど立ち寄る場所があります。

              イタリアンワイン&カフェレストランの
              某ファミレスなのですが、
              もし私が行方不明になって会社にも家にもいなければ
              「奴は某ファミレスにいる!」といってもいいほどに
              大抵仕事帰りにはそこにいます。

              さて、何がそんなにいいのかというと
              私にとって「安い」「おいしい」「居心地がいい」のです。
              あくまでも私目線なので
              ファミレスで「うまいなんてありえない」とか
              「安ワインの味はよろしくない」とか
              思う人もいるかもしれませんが、
              それは人それぞれということで。

              さて、私はいつも頼むメニューが決まっています。
              辛味チキン(5本入り)ミラノ風ドリア、赤ワイン250ml です。
              (ちなみに会社から家まで近いので車ではありません)

              それで約900円です(深夜割増料金含む)

              某ファミレスが好きな友人と出かけて
              飲んでもせいぜい二人で2,500円。
              「今日はおごるよ」と言えるレベルです。

              以前「一人飲み」に憧れて、一人で居酒屋に
              飲みに出かけたこともあるのですが、
              どうも思っているようにうまくいきません。

              お通しやら、つまみやらそこそこ
              頼むと結構な金額になるし、
              一人だと食べきれなくなってしまいます。

              その点、そこはファミレス、
              ご飯を食べながらお酒を飲む感覚でいられるので
              無理なく値段も安く、
              私にとっては、家の食卓テーブルで雑誌を見ながら
              飯を食べるのと変わらない居心地の良さで大変気に入っています。
              文句のつけどころがありません。(言いすぎかもしれませんが)

              当分は可能なかぎり毎週通うと思います。

              私は家が嫌いなわけではないし
              チビッ子たちと過ごすのが面倒とかいうわけでもないのですが、
              時々は一人で過ごす時間も作らないと
              気持ちがパンクしそうになるときがあります。
              そのためこういった時間はとても大切です。

              チビッ子のいるお父さん、
              たまに一人飲みに出かけるのでしたら
              雑誌の1冊でも持って一度試しに
              イタリアンワイン&カフェレストラン「某ファミレス」は
              いかがでしょう。

              多分損した気分にはならないと思います。
              | Pocket編集部 | 日々のできごと | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              日本平動物園にキリンがやってきました
              0
                こんにちは、制作部Sです。

                先日、チビッコが「日本平動物園に行きたい」と言ったので、
                いつもは散歩気分で出かけるのですが、
                久々に家族でお弁当を持って出かけました。

                とはいっても、
                出かけ慣れた動物園、
                お弁当以外はいつもと変わらないコースを
                のんびり歩いて行きました。

                しかし、いつもと違うことがありました。

                ななな何と「キリンがいる」のです。

                ビックリしました。
                娘っ子に「おい!キリンがいるよ!」と
                思わず叫んでしまいました。

                結構前にキリンが死んでしまい、
                キリン舎がずっと留守になっていて、
                だんだんとその景色が当たり前のように
                なってしまっていたので、

                キリンを目の前にしたとき
                苦難から復活した
                スーパースターが突然目の前に現れたようでした。
                (私キリン結構好きなので)

                まだ子どもなのでしょうか、
                前にいたキリンよりもかなり小さなキリンです。

                今月号のポッケの
                日本平動物園様の広告にも
                「2頭のキリンがやってくる!」とあります。
                キリンの名前も大募集中とのことです。

                今週末は「ロッシーを見に動物園に」ではなく
                「キリンを見に動物園に」という気分で
                出かけてみてはいかがでしょうか。

                他の動物園でも見られるキリンですが、
                「日本平動物園」で見るキリンは
                また違った気持ちで見られるかもしれませんよ。
                | Pocket編集部 | 日々のできごと | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                家族でアウトドアウェディングに出席してきました
                0
                  こんにちは。制作部Sです。

                  週末、家族で結婚式に出席してきました。
                  行った先は山梨の甲府にあるワイン葡萄の農場です。

                  私が大学生の頃に農場でアルバイトをしていた時から
                  家族ぐるみでおつきあいさせてもらっていて、
                  今回招待してもらいました。

                  この結婚式、私自身初の体験、
                  「アウトドアウェディング」でした。

                  アウトドアウェディングというのは、
                  結婚式場ではなく、例えばキャンプ場とか公園とか
                  野外に式場をセッティングして行われる結婚式で、
                  今回の会場は収穫も終わってOFFになったばかりの
                  葡萄畑の高台で行われました。

                  新郎新婦のこだわりだと思うのですが、
                  新郎新婦が登場の際に乗る車が
                  オープンのリムジンではなく、葡萄の収穫で使う
                  屋根を取ったオープンの軽トラックだったり、
                  イスが収穫時に使うコンテナだったりで、
                  「自分が育った葡萄園で結婚式がしたい!」という
                  友人(新婦)の思いがとても表現されているなぁと
                  楽しい気分になりました。



                  式はお昼時だったので
                  ワインを飲みながら軽食のサンドウィッチを食べ、

                  余興では、手作りの高座で
                  青空の下、講談師の「なれそめ談義」が始まったり、

                  ハイパーヨーヨー元世界13位の実力を持つ
                  新郎の技の披露があったり、内容も楽しいものでした。
                  (写真はヨーヨーではなくディアボロ)



                  「アウトドアウェディング」。
                  今どきの流れなのか、これから増えるのかわかりませんが、
                  なかなか貴重な体験だったと思います。

                  しかしながら、チビッ子たちは、
                  「結婚式」よりも「公園」だったようです。
                  家族で何かに参加することはなかなか難しいですね。
                  | Pocket編集部 | 日々のできごと | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  価値観について考えてみた
                  0
                    こんにちは、制作部Sです。

                    先日チビッ子たちの運動会があったのですが、
                    やっぱりというか、当然カメラの準備をしまして、
                    その際に以前撮影した写真データを
                    誤って消してしまいました。

                    ちなみに消してしまったデータというのは、
                    先日出かけた「富士山こどもの国」の写真なのですが
                    チビッ子たちの笑顔がステキに撮れた画像もあったので
                    結構未練がましく、無料のデータ復活ソフトを
                    検索したりなどしましたが手遅れっぽいのであきらめました。

                    以前半泣き状態のうちの姉から
                    「ビデオのデータを間違って消してしまったけどどうにかならないか」
                    という相談をうけました。
                    その時には結局専門業者に頼んで復活させましたが
                    結構なお金もかかったようです。

                    姉の件の時に
                    「たかが子どもの運動会のデータくらいで」と内心思いましたが、
                    今回自分がその立場になってみてグサッとほどではないにしても
                    姉の気持ちがちょっとだけ分かって
                    写真画像は消えてしまいましたが勉強になった気がします。

                    以前、飲み友達のSちゃんの趣味である「飲みに行く」ことについて
                    「飲みに大金を使うのはもったいない」発言をした際に
                    「自分自身が経験していないことについて批判するものではない」と
                    注意されて雷にうたれたような感覚になったことを覚えています。

                    Sちゃんは確かに趣味の「飲み」にお金を使いますが、
                    その過程でお金以上の様々な経験や人間関係を
                    手に入れていることは確かなのです。

                    人それぞれの価値観は
                    人それぞれの持ってる「価値」なわけですし
                    最近ではそういった「価値観」を
                    安易に自分目線でからかったり否定しないように
                    気をつけるようになりました。

                    みなさんにとっての「大切なもの」はなんでしょう?
                    | Pocket編集部 | 日々のできごと | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    チビッ子たちと名古屋港水族館に行ってきました
                    0
                      こんにちは、制作部Sです。

                      先日チビッ子たちと名古屋港水族館に行ってきました。

                      チビッ子たちと行くのは初めてだったのですが、
                      感想は「疲れました」。

                      というのも水族館の中が2つの館に分かれていて広いことと、
                      娘っ子は魚に興味がないのとは正反対に下のチビッ子は魚が大好きで、
                      放っておいたらその場でずっと見ていられるくらい動かないのです。

                      そんな相反する2人を
                      片方は「もうちょっと待ってて」と
                      片方を「そろそろ行こう」と声をかけながら
                      ゆっくり進みました。

                      「チビッ子を楽しませる」ということが目的であれば
                      もしかして三保の水族館の方が全てがほどよくて
                      いいかもしれないと心の中でボソッとつぶやきました。

                      しかし、大人が楽しむのであれば
                      名古屋港水族館は巨大な水槽にシャチやイルカやベルーガなど
                      海のトップアイドル勢ぞろいといった感じで見応えがありました。

                      さて、そんな正反対のチビッ子二人でしたが、
                      イルカのパフォーマンスには2人ともビックリしていました。

                      大人の私もビックリでした。

                      というのも、トレーナーの指示でイルカが
                      様々な動きを見せるのですが、
                      見ていて「動き間違えるんじゃない?」とかいう
                      イヤなハラハラを一切感じさせないのです。

                      「おい!イルカ!お前らの中に人間入ってるんじゃないの?」と
                      思ってしまうほどです。

                      それに、トレーナーのバランス感覚もすばらしく
                      イルカとトレーナーの息が合わないと
                      こうはいかないだろうなぁとただただ感心でした。

                      彼らは文句なしのプロ!でした。

                      今回、魚を見にここまで来てしまった!という気分は
                      少々ありましたが楽しかったです。

                      「家族全員魚好き!」というおうちの方
                      名古屋港水族館いかがでしょう。

                      そして、そのついでにぜひ「名古屋城」もセットで。
                      (本当は今回行きたかったのですが、
                      時間の都合で行けなかったので・・・残念!)
                      | Pocket編集部 | 日々のできごと | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |